よくあるご質問|保育士資格・幼稚園教諭免許の取得なら東京保育専門学校

  1. HOME > 
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

【入学について】

男子学生の募集はありますか?

女子学生のみの募集となっています。

年齢制限はありますか。

年齢制限は特に設けておりません。高等学校卒業以上の教育を受けた女性なら、どなたでも入学できます。年齢よりも将来、幼稚園教諭・保育士をめざす強い意志や熱意のある方、心身ともに健康な方のご入学を歓迎致します。40~60歳の方も入学し、卒業して保育者になられる学生さんもいらっしゃいます。

ピアノが弾けないと入学は難しいのでしょうか。

幼児教育にピアノは欠かせませんが、本校では特に音楽には力を入れており、保育現場で必要な曲を皆さんが自信を持って弾けるよう、各人のレベルに応じてきめ細やかな指導を行っています。ピアノは日々の練習が大切ですが、幸い、本校では練習できる環境が整っています。習ったことがなくても「この曲が弾けるようになりたい」という思いを大切に練習を重ねることで、2〜3年の間に初心者とは思えないほど上達できるでしょう。

卒業と同時に取得できる資格は何ですか?

本校は、文部科学省と厚生労働省の指定認可校で、1部2年、2部3年間のカリキュラムを終えると、卒業と同時に幼稚園教諭2種免許と保育士資格が取得できます。

入試日が何回もありますが、何度でも受験できるのでしょうか?

何度でも再受験は可能です。もし質問等がございましたら、電話での質問も受け付けているのでいつでもご相談ください。

面接はどのように行われますか?

3〜5人で20分くらいのグループ面接です。面接担当者は2~3人です。
質問例:「保育者を志望した動機や理由は何ですか?」「あなたの長所を2つ教えてください」等

作文について、どのようなことに注意すればよいでしょうか?

1.文章を書くことは将来職業人としてとても必要なことです。普段から文章を書くことに心がけてください。
2.柱立てをする。よく起承転結と言いますが4つの柱立てで書けば読みやすい文章が完成します。まず幼児教育者・保育者となる目標をしっかりもってください。作文に自然に表れるものです。
3.作文はその人の基礎学力や人間性がわかるので、就職試験も作文が必須です。将来のためにも文章構成力を培ってください。
※本校の一般入学試験では、40分間で600字以上800字以内を目標にしています。

保育者になるには、どんな適性が必要でしょうか?

まず第一は「子どもが大好き」ということです。その他、何よりも心身ともに健康であることが大切です。欠席・遅刻・早退をできるだけしないということも大切です。
勉強面では基礎的な学力があること、誤字がなく分かりやすい文字で文章がかけること、まわりの人と協力して仕事ができることが大切です。

2部(夜間部)を希望していますが、幼稚園や保育所の「助手」の求人はたくさんあるのでしょうか?

本校では例年2部の学生の約半数が幼稚園や保育所の助手をしながら通学しています。求人は幼稚園や保育所の方から相当数あり、学生の住所が近い人を優先して斡旋しています。希望者は助手をすることができます。助手などのお仕事は直接子どもに接するので楽しさもひとしおです。

どうして、こんなに学納金が安いのですか?

それは学校の方針です。できるだけ広く社会に門戸を開き、保育者を志す熱意ある学生を広く受け入れるためです。

AO入試とは何ですか?

アドミッションズ・オフィス入試の略称で、推薦入試でもなく、学力試験を中心とした一般入試でもない入試方法です。AO入試では保育者に必要不可欠な元気・笑顔・意欲・思いやり・誠実さなどについて積極的に評価していきます。これまでの活動・経験を基に、自己アピールのできる人を求めています。
たとえば、笑顔がとても素敵な人、生徒会の役員をしていた人、高校の在学中に欠席の少ない人、クラブ活動などでリーダーシップを発揮した人、保育所や幼稚園等でボランティア活動をして何か精神的な自信を得た人、スポーツが好きな人、長い伝統を誇る東京保育でぜひ学びたい人、子どもが大好きで近所の子どもの世話や児童館などで手助けをした経験のある人など、さまざまなかたちで将来の保育者にふさわしい資質や適正を持った人の本校への入学を歓迎したいと思います。

履修認定について教えてください。

幼稚園教諭免許、保育士資格どちらかをお持ちの方、また大学・短大卒業の方は履修認定の会議を経て、30単位を超えない範囲で既修得単位が認められます。学校見学などでご相談ください。

【学生生活・学科などについて】

学資の点で不安があります。アルバイトは許可していますか?

学業に支障のない範囲で許可しています。2部生には、幼稚園や保育関係のアルバイトは学校でも斡旋しています。学資については東京都や日本学生支援機構による奨学資金制度も利用できます。

年齢の高い方もおられますか?

1部2部ともに、かなりたくさんいます。中には子育てを終えたお母さんや、お子さんを保育所に預けてきている人もいます。大学や短大を出てから来た人やシスター、栄養士、看護師や薬剤師の資格を持った人、一度会社に勤めてから来た人などさまざまです。特に2部ではそういう方たちがたくさん入学してきます。"お姉さん達"はクラスの相談役にもなっています。

なぜ東京保育専門学校をえらんだのですか?

いい学校だからと、先輩にすすめられたからです。また、高校の進路の先生にすすめられてもいましたが、説明が親切だったことや在学生の手遊びなどのアトラクションでとても親近感が持てたからです。それに学費が他の専門学校や短大と比べて安いことや、就職率が100%近いということも魅力でした。キリスト教の愛の精神に基づいた教育という話もよかったし、学校の雰囲気が自由で明るく感じたからです。交通機関が便利なこともあります。(いわゆる"口コミ"で入った学生が56%に達しています)

東京保育専門学校のどんなところが楽しいですか?

まもなく卒業しますが、いろいろと思い出してみると、最初の校外セミナーと学園祭が印象に残っています。セミナーでは2年生の指導員が手遊びをゆっくりわかりやすく教えてくれました。学園祭では児童文化、身体表現、音楽表現などの日頃の成果を皆さんに見ていただくのですが、ほんとに役に立つとてもすばらしい体験でした。それぞれの授業も楽しく、今日の子どもの実情についてより深く学べました。

【就職について】

公立の幼稚園の先生か保育所の保育士を希望していますが、難しいでしょうか?

確かに倍率が高く難しいのですが、本校では公立に合格した先輩の体験談を直接聞く機会を設けるなどしており、試験について具体的なアドバイスを受け毎年数名が合格しています。東京23区は同一日程で選考が行われるため、1つの区しか受験できませんが、市町村や他県の公立保育士選考では複数応募ができます。1年次から試験対策の勉強を始める人もいます。また、担任や就職担当の先生が状況に合わせて相談や面接の練習などに随時応じています。

少子化の影響で幼稚園や保育所の先生になるのは大変だと聞いています。就職はできますか?

全国的に子どもの数は減ってきていますが、大都市などファミリー世帯の流入が増加している地域では子どもの数は増加しています。また、行政の子育て支援策の推進のもと、保護者のニーズに合わせた幼児教育や保育の多様化が進められ、保育者の需要は増えてきています。本校においても年々求人数が増加しており、毎年就職希望者のほぼ100%が希望するところから内定を得ています。授業に真剣に取り組み、保育の現場で働きたいという夢を抱き続けている学生については、心配する必要はありません。

どうして、毎年就職率が100%と高いのですか?

長年築き上げられた卒業生の活躍が、本校に対する信用につながっているのかと思います。特に多くの卒業生が活躍している多摩地区の園からは、これまでの関係もあり大変信頼をいただいております。そのような状況を踏まえ、就職試験を受ける園を決める段階から担任や就職担当の先生が、学生一人一人の希望を聞きながら相談に応じています。
2年次には進路就職の授業を実施しており、就職活動の進め方など指導しています。学校としては、学生一人一人が「ぜひ就職したい」と思うところを見つけ、そこから内定をいただくまで、きめ細かなサポートを心がけています。

聖心便り

卒業生の窓

保育園で働くって?

発刊誌「児童研究」

東京保育専門学校 公式Twitter東京保育専門学校 公式Facebook

東京保育専門学校SNS随時発信中♪

 

お茶の水女子大学

幼稚園教諭・保育士になろう!

聖心学園幼稚園

サンタ・セシリア幼稚園

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

東京保育専門学校へご興味のある方全員に入学案内をお送りしています

東京保育専門学校へご興味のある方全員に入学案内をお送りしています

03-3311-7014

受付時間(平日 9:00~17:00)

資料請求・お問い合わせはこちら