ご挨拶|保育士資格・幼稚園教諭免許の取得なら東京保育専門学校

  1. HOME > 
  2. 学校紹介 > 
  3. ご挨拶

ご挨拶

保育の心、限りない愛の精神を育みます。

理事長挨拶

学校法人 聖心学園 理事長 柿崎 ゆり

東京保育専門学校(旧東京保姆専修学校)は1929(昭和4)年に創立された長い歴史と伝統のある保育者(幼稚園教諭・保育士)の養成校です。

熱心なカトリック信者であった学校法人 聖心学園の創立者 今井けい は、カトリックの「愛の精神」を建学の理念とし、初代校長のカトリック高円寺教会司祭 ギュスターヴ・マイエ神父と共に、愛の心に基づいた保育を理想とする保育者の養成に努めました。「子どもたちに深く限りない愛を注ぎ、子どもたちの真の幸福のために尽くす」その精神は今日まで脈々と受け継がれています。

保育の必要性が高まり、多様化する現在、優れた見識と技能をもった保育者が求められています。本校では専門的な知識・技能の習得のためのカリキュラム、社会人としての教養を磨くためのカリキュラム、さらにカトリックの愛の精神を学ぶ講座を設け、確かな専門性と豊かな人間性を身につけて広く社会に貢献できる保育者の養成を目指しています。

保育の仕事は一人ひとりの人間を育てる尊い、幸せな仕事です。人としての基礎となる乳幼児期の心と体の成長に深く関わる有意義なやりがいのある仕事です。ぜひ東京保育専門学校に入学され、理想の保育者を目指されますよう願っております。

学校法人 聖心学園 理事長 柿崎 ゆり

校長挨拶

東京保育専門学校 学校長 松本 勲武

東京保育専門学校は、真の保育者を目指す全ての女性にとって真摯な学びの場として存在します。
教養や保育の専門知識・技術を身につけ、真の保育者に相応しい資質を磨きましょう。
真の保育者に求められる最も大切な資質とは、知能指数や学力に代表される認知能力の高さではなく、マリア様のような、愛、思いやり、謙譲などの美しい心、そして、協調性、自制心、望む力、諦めない心、努力する力などの非認知能力の高さなのです。
「千里の道も一歩から」、「学びの道も一歩から」、「天は自ら助くる者を助く(東京女子高等師範学校長 中村正直)」の教えを信じて、あせらずに楽しみながら学びの道を歩みましょう。

東京保育専門学校 校長 松本 勲武
(お茶の水女子大学名誉教授・元副学長)

学監挨拶

東京保育専門学校 学監 晴佐久 昌英

保育は、人類社会の基本です。
子どもたちの心と体を守り育て、愛される安らぎと愛する喜びを体験させることは、何にもまして尊い仕事です。ひとりの子どもの笑顔を生み出すことは、だれもが大切にされる社会を作り出すことだからです。
東京保育専門学校は、真に平和な世界を実現するために、なによりもまず、未来の保育者を大切に育てたいと願っています。それは今の社会の根本的な願いであり、人類社会における普遍的な価値を求めるカトリック的な願いでもあります。
どうか、私たちの学校を信頼してください。選ばれた者として共に学び、共に成長していきましょう。いつの日か必ず、保育者になってよかったと、自信と誇りを持って思える日が来ることをお約束します。
私たちは、保育者を目指すみなさんの存在こそが、世界の希望だと信じています。

東京保育専門学校 学監 晴佐久 昌英
(カトリック上野教会・浅草教会 主任司祭:神父)

東京保育専門学校へご興味のある方全員に入学案内をお送りしています

東京保育専門学校へご興味のある方全員に入学案内をお送りしています

03-3311-7014

受付時間(平日 9:00~17:00)

資料請求・お問い合わせはこちら