2020年5月新入生へのメッセージ|保育士資格・幼稚園教諭免許の取得なら東京保育専門学校

  1. HOME > 
  2. 学校について > 
  3. ご挨拶 > 
  4. 2020年5月新入生へのメッセージ

2020年5月新入生へのメッセージ

新入生へのメッセージ “才徳兼備”

こんにちは!

校長の松本勲武です。

皆様にやっとご挨拶することができてとても嬉しいです。

東京保育専門学校にようこそ入学されました!

元気にお過ごしですか?

 

新型コロナウイルス感染症防止のために、密閉・密集・密接の三密を避けることが求められています。そこで皆様に在宅学習をお願いしていた訳ですが、クラスメートに会えずにイライラされている方が多いのではと案じています。この間、連絡や相談のためにスマホやメールなどの情報伝達技術いわゆるICTを活用してきましたが、いよいよ他の高等教育機関と同じように、本校でもICTを本格的に活用して遠隔授業に挑戦することに致しました。

 

これからの保育の現場では、ICTも駆使して行かなければなりません。本校では、昨年度から教室に多数のノートパソコンを配備して、ICTによる学びを段階的に強化しようとしていた最中ですが、一足飛びにICTによる遠隔授業・在宅授業を始めます。学びを加速させる千載一遇のチャンスと捉えたからです。初めての取り組みなので、ご不便をおかけすることが多々あることと思いますが、皆で協調して問題を解決していきましょう。その先には、皆様全員が保育士の資格と幼稚園教諭免許状を取得し、立派なプロの保育者となる道が開かれています

 

先生方は皆さんの味方です。ICTの事でも、授業の事でも、経済的な事でも、就職の事でも、メンタルな事でも、先生方が丁寧に相談にのります。安心してください。

 

「ピンチはチャンス」 ピンチは改革のチャンスです。ピンチは魂が成長するチャンスにもなります。「塞翁(さいおう)が馬」「終りよければ全てよし」「窮すれば通ず」「災いを転じて福となす」「七転び八起き」「転んでもただでは起きぬ」などのポジティブ思考の諺(ことわざ)を思い出し、皆でこの異常事態を乗り越えて行きましょう。 

 

新型コロナウイルス感染防止のために、今、社会的距離・ソーシャルディスタンスをとることが強く求められています。しかしそれとは真逆に、保育は社会的距離ゼロ・濃厚接触の世界です。保育では小さな子ども達との社会的距離をなくし密接なコミュニケーションをとることが必須です。これが太古の昔から人類が最も大切な営みとして受け継いできた保育の本質的特徴です!

これから先の実習で、必ず、子ども達と密接にコミュニケーションする機会があります。楽しみにしていてください。

 

言うまでもない事ですが、保育でもう一つ大事なことは、子ども達の命と健康を守り、安心安全で楽しい環境をつくることです。そのためには何よりも先ず自分自身が健康で、保育を楽しむことです。身体的健康ばかりでなく精神的健康や社会的健康、そして衛生について特にしっかり学びましょう!

 

私は皆様が保育者としての知識や能力を磨くばかりでなく、清く優しく美しい心を磨き、四文字熟語で表現すれば、“才徳兼備”の人、才色兼備ではなく才徳兼備の人になってほしいと願っています。皆さんの中には呑み込みがとても速い、超特急のウサギさんのような人がいらっしゃるかもしれません。しかし、多くの人は私と同じように、歩みの遅いカメさんタイプではないでしょうか! 長崎の平和祈念像を作成した彫刻家の北村西望(せいぼう)さんは、カメよりもさらに鈍いカタツムリを生涯の師としていたそうです。それはともかく、人は人それぞれです。

自分流に、粘り強く、地道に努力して行きましょう。

努力が報われて、皆様全員が卒業されることを心から祈念いたします。

 

(2020年5月新入生へのメッセージ 松本勲武)

東京保育専門学校へご興味のある方全員に入学案内をお送りしています

東京保育専門学校へご興味のある方全員に入学案内をお送りしています

03-3311-7014

受付時間(平日 9:00~17:00)

資料請求・お問い合わせはこちら